「印僑」をご存知ですか?



中国以外に住む中国人を「華僑」と呼ぶようにインド以外に住むインド人が「印僑」です。

鉄鋼王と呼ばれるラクシュミ・ミタル氏や、米シティグループの再建を託されたCEOであるビグラム・バンディット氏も共に印僑です。

世界130カ国に暮らす印僑の数は合わせて2,500万人、各地でその存在を高めています。



例えば250万人が暮らすアメリカでは、

・印僑の「9人に1人」が年収1億円以上
・人口の0.5%なのに億万長者の10%を占める

という現象が起きており、
欧米人が最大の恐怖を感じている民族です。



また世界中に張り巡らされたネットワークを最大限に活用して国際ビジネスや企業のノウハウを伝授、成功の連鎖が起きています。

「それが、おれに関係あるの?」

と、思われるかもしれませんが、これまでは日本には主に欧米の成功法則しか伝えられてきておらず元々気質の違う日本人には馴染まず多くの敗北者を生み出してきました。

これからはアジアの時代だと言われるように日本人に合う、同じ仏教国で親日でもある、印僑の教えを学ぶ必要が出てくると感じます。



その教えの具体的な内容としては…

・『時給70万円』秘密の職業

・受付嬢や秘書の心を奪う名刺の渡し方

・今以上働かずに給料がアップする裏技

など、堅苦しいお題目のような内容ではなく現代版にアレンジして即役に立つようなテーマばかりを選んで教えてくれます。

もちろん主婦から定年後の方まで幅広い年代の方にも理解できるように分かりやすく伝えてくれていますので安心してください。



その印僑の教えを教えてくれるのは、あのカンブリア宮殿にも出演している「あの人物」が熱心に教えてくれます。

「なんか遠い存在の人だな…」

と思われますが、一度見たらすぐにファンになりますし、インド人なのにココ壱が大好きだという大の日本好きなので面白い人です。

すぐ見れるので少しだけ覗いてみて下さい。
※期間限定での無料公開ですので、お早めにご覧ください。