やればできる

日常の出来事を書いていこうと思います。

2012年05月

9人に1人が億万長者【印僑】

「印僑」をご存知ですか?



中国以外に住む中国人を「華僑」と呼ぶようにインド以外に住むインド人が「印僑」です。

鉄鋼王と呼ばれるラクシュミ・ミタル氏や、米シティグループの再建を託されたCEOであるビグラム・バンディット氏も共に印僑です。

世界130カ国に暮らす印僑の数は合わせて2,500万人、各地でその存在を高めています。



例えば250万人が暮らすアメリカでは、

・印僑の「9人に1人」が年収1億円以上
・人口の0.5%なのに億万長者の10%を占める

という現象が起きており、
欧米人が最大の恐怖を感じている民族です。



また世界中に張り巡らされたネットワークを最大限に活用して国際ビジネスや企業のノウハウを伝授、成功の連鎖が起きています。

「それが、おれに関係あるの?」

と、思われるかもしれませんが、これまでは日本には主に欧米の成功法則しか伝えられてきておらず元々気質の違う日本人には馴染まず多くの敗北者を生み出してきました。

これからはアジアの時代だと言われるように日本人に合う、同じ仏教国で親日でもある、印僑の教えを学ぶ必要が出てくると感じます。



その教えの具体的な内容としては…

・『時給70万円』秘密の職業

・受付嬢や秘書の心を奪う名刺の渡し方

・今以上働かずに給料がアップする裏技

など、堅苦しいお題目のような内容ではなく現代版にアレンジして即役に立つようなテーマばかりを選んで教えてくれます。

もちろん主婦から定年後の方まで幅広い年代の方にも理解できるように分かりやすく伝えてくれていますので安心してください。



その印僑の教えを教えてくれるのは、あのカンブリア宮殿にも出演している「あの人物」が熱心に教えてくれます。

「なんか遠い存在の人だな…」

と思われますが、一度見たらすぐにファンになりますし、インド人なのにココ壱が大好きだという大の日本好きなので面白い人です。

すぐ見れるので少しだけ覗いてみて下さい。
※期間限定での無料公開ですので、お早めにご覧ください。


 

ドメイン取得はスタードメイン 格安380円~期間限定

独自ドメインを取得してホームページを作成される方にお得な情報です。




スタードメインでは5月28日から5月31日までの3日間限定で「info」ドメイン380円キャンペーンを実施しています!

キャンペーン期間中は.infoドメインが380円で取得可能です!Information(インフォメーション、情報)を意味する.infoドメインでとっておきの情報サイトを作っちゃおう!

年額690円からの高機能ドメイン取得サービス、スタードメイン




その他にも5月31日までの期間限定でドメイン激安キャンペーンを開催中です。

期間中は、ナ…ナント.netドメインが480円、.comドメインが580円で取得することができちゃいます。( ̄ー ̄)ニヤリッ

どうせホームページを作るなら利用しない手はないですね。



ではでは。

小さな会社を「日本一」に変える限界突破プロジェクト

自分も実は独立企業を一度失敗したことがあり、でも未だに諦めきれずに毎日悶々とした日々を送っている一人です。

自分の好きなことをして皆さんに喜んで貰えたら最高なのになぁといつも思います。でもいまいちこれでいいのかなぁと悩んでしまい、なかなか前に進むことができずに苦しんでいました。

そんな時に、この小さな会社を「日本一」に変える限界突破プロジェクトの濱田さんのこと知って、自分もファンになってしまいました。

自分の「コア」を知ることは自分の天職を知ることだと感じました。無料のビデオを見て自分の好きなことがやはり自分のコアなのだと確信が持てました。

メールと無料のビデオと本を購入しただけですが、とても面白くて引き込まれるものがあるので自分のやりたい事がきっとここにあるのだと思います。

自分の天職を知りたい方や資本金があまりないとお悩みの方でも、起業に関するヒントがたくさん貰えるのでぜひご覧ください。

小さな会社や個人を「日本一」変えるプロジェクト


ではまた。

我輩の知らないハンバーガー?

先日、蒲田に用事があって行ってきました。ちなみに我輩は愛知県に住んでいます。



 JRの蒲田駅に少し早く到着したので、先に食事を済ませようと駅のそばをウロウロしてみました。

するとハンバーガーの広告が気になりました。

!?マックやモスバーガーじゃない!?ベ…ベッカー…ズ…知らない。フフ~ン。聞いたことないけど試しに食べてみるか。

クロワッサンとかもあるのね。ヌードル!もあるの?へぇ~。

チーズが好きなので、メニューの一番目に付くところのチーズバーガー「名前を覚えていない」のセットに決めました。



 まずハンバーガーが出来上がるまでセットのサラダを食べました。ウ~ン、出来上がるまでサラダを食べるなんて気が利いてると思いました。

ドリンクもちゃっとしたグラスに入れてあっていいなとか思っていると、バーガーとポテトがきました。

しっかりした皿に盛り付けてあってまたいいなと思いました。



ポテト自体も何かの粉を付けてあるのかおいしいです。横の器に赤い粉が添えてあり、ハハ~ン、たぶん少し辛いやつだな?

試しに付けてみると更においしいじゃないですか。



ハンバーガーも食べてみます。うまっ!東京の人はこんなおいしいもの食べてるのね。

ベッカーズが好きになりました。

また東京方面にきた時には食べたいと思います。



ーーーーーーーーPR-----ーーーーーー

 世界で最も読まれているビジネス書
『7つの習慣』のDVD講座が発売されています!

この"7つの習慣DVD講座"は定価3990円の
全9巻セットで、毎月1巻ずつ届くのですが、
今なら、キャンペーンで、
初回DVDが無料(送料970円)でゲット出来ます。
http://123direct.info/tracking/af/494662/UUtxGRfu/ 


既に何度も読んでいる人、
一度読んだけど、半分くらいしか理解できなかった人
読みかけたけど、ページが多くて途中で挫折した人
まだ読んでない人
「7つの習慣」を知らなかった人


2008年にはプレジデント誌で最も役立つ本として選ばれ、
2010年にはダイヤモンド誌で特集が組まれた
『7つの習慣』のDVDは、どんな人にとっても、
素晴らしい学びをもたらしてくれます。


本当に、分かりやすく作られているので、
かなりオススメです。

ぜひ、キャンペーン特別割引期間中の今、
ここからDVDをゲットしてください。
書籍のプレゼントもあります。
http://123direct.info/tracking/af/494662/UUtxGRfu/ 



PS.
特典は期間、数量限定なので、
先延ばししないで下さい。
http://123direct.info/tracking/af/494662/UUtxGRfu/ 




夢を持って生きるのはカッコいい

今日見つけたネタと感想を書きます。

以下引用です。長文です。



スカイツリーに世界一、「絶対」を誇れる技術がある

 
 「絶対」というのは100%を意味するから科学的ではない。だから著書につけられた「絶対にゆるまないネジ」(中経出版)というタイトルに、ハードロック工業の若林克彦社長はちょっとためらいがあった。苦い体験もあった。が、そのまま出版したのは、技術者として「絶対」の自信があったからだろう。

 モノづくりの町として知られる東大阪市を代表する、自他ともに世界一、いやオンリーワンと認める部品メーカーである。

 22日に開業した東京スカイツリーには、同社の緩まないネジが使われている。634メートルという高さだから、ネジが緩めば大事故につながりかねない。また、緩んだからといって簡単に締め付けることはできない。「絶対」が求められるのである。

 ほかにも新幹線や瀬戸大橋、明石海峡大橋など世界に誇る日本の技術の土台を支えている。

 ネジはボルトとナットで構成される。若林さんの緩まない発明はナットにある。

 40年ほど前、住吉大社へ散歩に出かけてひらめいたという。木造の鳥居の継ぎ目に楔(くさび)が打ち込んである。「これや、これやがな」。ボルトとナットの隙間に楔を打ち込めば緩まないはずだ。実験してみると、確かに緩まない。が、現場で無数にあるネジにいちいち楔を打ち込むわけにはいかないし、製品化するのは難しい。

 試行錯誤、何度も試作品を作った末に、ナットを2つの部分に分け、一方が楔の役割で、締め付けるともう一方のナットとボルトの隙間にがっちり食い込むようにした。ハードロックナットと名付けた。

 苦い体験というのは、その数年前のことだ。ナットに仕込んだバネでボルトのネジ山を締め付ける、やはり緩まないネジを販売していたのだが、クレームがついた。建設現場で見かける杭(くい)打ち機に使われ、ネジが緩んで機械が壊れてしまったというのだ。杭打ちの強烈な振動ではたまらない。しかも悪いことに、チラシに「絶対に緩まない」とうたっていた。

 「絶対に緩まへんのと違うんか!」。修理費用を半額負担することで手を打ち、さらには「人に喜んでもらえると思ったものが、困らせることになってしまった」と、月商1億3千万円もあった会社をあっさり共同経営者に譲ってしまった。

 「絶対と言うのは怖い」と身に染みたが、逆に「よし、どんなことがあっても絶対に緩まないネジを作ってやろう」と奮い立った。

 新会社を立ち上げての雌伏の期間を支えたのが「たまご焼き器」だ。「く」の字に折れた角形のフライパンで、簡単にたまごが返るアイデア商品は、スーパーの実演販売で1日5千個も売れた。

 学童疎開先の長野県で、畑で腰を折り曲げながらタネをまくおばあさんを見かけて、ローラーを転がすだけで自動的にタネをまく道具を作った。10歳の時というから、根っからの発明家である。

 日本のモノづくりは厳しい価格競争にさらされ、人件費の安い海外に生産拠点を移す企業が相次いでいる。それに伴って、技術も流出する。若林さんはあくまで国内生産を崩さない。

 時折、海外からクレームが寄せられるが、取り寄せてみると「これは、うちのと違いまっせ」。粗悪な類似品、模造品である。「絶対」とは言わないが、製品がおのずと「絶対」を証明している。そんな技術を簡単にまねできるわけがない。

 御年78歳で生涯現役。日本のモノづくりは、ここに健在である。(大阪特派員 鹿間孝一)


引用ここまで。



我輩も習い事をしているのですが、「自分が大好きなことに一生懸命打ち込める」ことに幸せを感じます。 

お金も掛かるし、時間も掛かるのに、自分の理想としているものがいつかできることに心がワクワクします。



早くできるようになりたいのに、なかなかできない悔しさがあります。

誰でも簡単にできることに逃げたくなるときもあります。

自分には才能がないのでは?という疑問も頭をよぎります。



それでも、自分がそれを続ける理由はなんでしょうか?

それが大好きだからだと思います。それが自分の夢だからだと思います。

皆さんは「自分の夢」をお持ちでしょうか?

カッコいい生き方をしたいと思いませんか? 

自分が大好きなことは何だろう?と、真剣に自分に向き合って問いかけることも時には大切だと思います。



ではでは。 

カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
プロフィール

nekovich13

  • ライブドアブログ